(New)第3回筑波大学オープンファシリティーものづくりイベントのお知らせ(10/16,25)

日頃より、オープンファシリティーシステムをご利用いただき、誠にありがとうございます。

現在、筑波大学オープンファシリティーでは、研究基盤総合センター工作部門及び医学工作室において、
ものづくり分野の支援を行っておりますが、オリジナルの装置を製作したいという大きな案件をはじめ、
部品が壊れたため修理したいという小さな案件まで、さまざまなご相談を頂戴し、日頃よりご支援させて
いただいております。
この度は、より多くの皆様に筑波大学のものづくり支援を知っていただきたく、体験会及び利用見学・
製作相談会を開催することとなりましたので、以下のとおり、ご案内申し上げます。

※詳細はこちらをご覧ください。

■医学⼯作室:Dicomデータ3D PDF化体験・3Dプリンタ造形体験
医学工作室で保有しております、キーエンス社の水溶性サポート材を採用したインクジェット方式
3Dプリンタ(KEYENCE(AGILISTA-3100)) の利用に伴う造形体験及び造形前のシミュレーション
としても活用可能なMaterialise Mimics を用いたDicom データ3D PDF 化体験を開催いたします。
【対象者】
 学内の方、企業・研究機関所属の方
(造形体験会に関しては、医学工作室初回利用で3D プリンタの利用を予定している方限定(最大5組))
【日 時】
 Dicom データ3D PDF 化作成体験会 :10 月25 日(木) 17:30 ~ 19:30
 3D プリンタデータ作成・造形体験会 :対象者に個別に実施
【場 所】筑波大学 医学学系棟 1 階 討議室121
     (西地区 筑波大学病院入口バス停近く)
【内 容】
○Dicom データ3D PDF 化作成体験会
・医学工作室の利用案内 (医学工作室)
・Mimics の紹介
・Dicom データから3D データ作成体験
○3D プリンタデータ作成・造形体験会 ※対象者のみ
 データ作成から3D プリンタによる造形を行う利用体験会を開催いたします。
 実際に利用する際の参考にしていただけたらと思います。
【費 用】
(学内の方)無料
(学外の方)3D デザインワーク 無料
      高精細3D プリンタ・プロトタイピング 5,550 円 / 1 時間

■研究基盤総合センター⼯作部⾨:ガラス⼯作・機械⼯作利⽤⾒学・製作相談会
研究基盤総合センター工作部門では、機械工作及びガラス工作の設計・技術相談や
研究・実験用機器の製作を通して研究・教育への支援を行っております。
本イベントでは、ガラス工作や機械工作の加工見学及びガラス、金属、プラスチックでの
製作・修理等の事例を紹介し、製作相談会を実施いたします。
 
【対象者】学内の方、企業・研究機関所属の方
【日 時】10 月16 日(火) 
     (午前の部) 10 : 00 ~ 11 : 00 
     (午後の部) 15 : 00 ~ 16 : 00
【場 所】筑波大学 研究基盤総合センター工作部門
     (中地区 第3 エリア前バス停近く)
【内 容】
 ○ガラス工作・機械工作 利用見学・製作相談会
 ・ガラス工作や機械工作の加工見学
 ・ガラス・金属・プラスチックを用いた製作事例紹介
 ・製作相談会
 (製作事案がある方、こんな加工はできるのか?等、お気軽にご相談ください。)
【費 用】無料

<申込方法>
参加を希望される方は、「所属機関/ 部署(研究室) ・氏名・職名・Email ・電話番号・
参加内容」をご記入の上、開催日前日までに、オープンファシリティー推進室
of-staff#openfacility.sec.tsukuba.ac.jp(#を@に変換してください)宛に
メールにてお申込み下さい。

コメントは受け付けていません。