推進室について

オープンファシリティーとは、国立大学法人筑波大学が保有する研究設備の有効利用を図ることにより、
最先端の機器を容易に利用できるようにするシステムです。
オープンファシリティー推進室では、共同利用機器のデータベース管理・再利用・再配置、技術相談・
技術指導・講習会等の企画・運営、活動状況の発信等をいたしております。


機器利用者


    

機器保有組織


利用対象
●筑波大学の教職員・学生等     
●本学以外の大学・研究機関・企業の方
対象機器
●筑波大学内の施設に設置している機器

●機器の操作方法等の講習が可能な機器
利用方法
●一般向け共同利用・委託利用の利用
手順をご確認ください      
利用方法
●オープンファシリティー推進室まで
機器登録についてご相談ください
openf1

オープンファシリティー推進室


     ●「共同利用機器」・「委託利用」のデータベース管理・運営
     ● 技術相談・技術指導・講習会等の企画・運営、活動状況の発信
 
 
メリット


 ●筑波大学内の分析・解析機器等の一部が共同利用・委託利用可能
 ●予約システムによる空き状況の見える化で簡単便利に予約確認可能
 ●予約システムを用いることで管理者側の事務処理軽減
 ●機器保有組織は空き時間を開放することで利用料を機器の維持費等に充当可能
 ●利用者の意見等を集約した上で今後の研究発展にお役立て可能